岐阜調狂俳と俳句の研究

東海ちょりゅう

狂俳

“KYOHAI”

令和5年 狂俳発祥250年

To the next 300 years

和歌「敷島の道」連歌「筑波の道」狂俳「稲葉の道」

連歌(真態)俳諧(行態)狂俳(草態)

ホーム狂俳日々徒然 湯ヶ峰吟社,  副会長・地区代表,  飛騨地区 「祝辞」飛騨地区参事 秀峰庵 喜久水

「祝辞」飛騨地区参事 秀峰庵 喜久水

2022.05.04 192
飛騨地区参事
秀峰庵 喜久水

この度は、東海樗流会創立七十周年並びに岐阜県芸術文化顕彰受賞、誠におめでとうございます。
心からお祝い申し上げると共にこれまで努力して来られた先哲の皆様方に感謝申し上げます。
昭和二十五年五月に「樗流」第一号が発刊され、以来七十数年の歳月が流れ現在二百五十三号に達しています。
発刊から五十年を記念して平成時二十年に発刊された二百号には当時の会員数五九三名と記されています。
会員数はかなり減少していますが、皆様方の努力により会が新しく発足したり、会員の増えている社もあり、それぞれの地域の特色を活かして歴史ある郷土文芸の継承に繋げて行けないものかと考えています。
私達の社は、毎年夏に行われる「下呂温泉まつり」の協賛として参加している「狂俳行灯大会」を引き継いで来た歴史があります。戦後復興の証として始まった温泉まつりに希望の灯を点した狂俳行灯は、現在温泉街の夏の夜を彩る風物詩となっていて、ここ数年前から中学生に指導した成果も現れ、参加するようになり市民の関心も上がっているように思われます。
どこの社も課題は山積していますが、先哲の皆様のご尽力に感謝し、会員お互いに力を合わせ未来に繋いで行けるといいですね!!


挨拶

狂俳とは

組織

文芸活動

文化活動

機関誌・報道

その他

狂俳結社紹介 岐阜地区

西濃地区

東濃地区

中濃地区

郡上地区

飛騨地区