岐阜調狂俳と俳句の研究

東海ちょりゅう

狂俳

“KYOHAI”

令和5年 狂俳発祥250年

To the next 300 years

和歌「敷島の道」連歌「筑波の道」狂俳「稲葉の道」

連歌(真態)俳諧(行態)狂俳(草態)

ホーム狂俳日々徒然 行灯祭り,  岐阜中社 行灯まつり ぎふ灯り物語 ~アート&ヒストリー~

行灯まつり ぎふ灯り物語 ~アート&ヒストリー~

2022.04.26 170

開催期間:令和3年1月30日~2月7日
点灯時間:16:00~20:00
場所:岐阜公園・川原町広場

この事業は、岐阜市が、鵜飼オフシーズンの持続的な新たな市の観光コンテンツの創出に向け、観光庁「あたらしいツーリズム」の一環で、「新たな生活様式」に沿った、観光資源をより安全で集客力の高い物へと磨き上げるための実証として、初めて実施するものでした。

岐阜市から協力の依頼があり、狂俳も約200の行灯を飾りました。夜間の大変寒い中で長蛇の列で参加者があり、イベントは大成功で、来年度も実施の方向で検討中とのことです。

毎年開かれる「狂俳顕彰行灯まつり」の数百基の行灯が「狂俳発祥の地 岐阜公園」を灯します。岐阜小学校、岐阜中央中学校、明郷小、伊自良南小、藍川東中学校児童生徒、柴橋市長、早川教育長、狂俳宗家や各社の皆さんの作品を展示

竹灯籠による灯りのインスタレーション

500個の竹灯籠が奏でるフォトスポット

竹と和紙で作られた1から12の数字と、その年の干支をかたどった巨大な行灯が冬至の夜に長良川を流れる「こよみのよぶね」。

岐阜提灯 ~伝統と革新~

美濃和紙の「竹」と「和紙」を使い、伝統技法で作られた岐阜提灯は、匠たちによる伝統と革新が織りなす灯りの空間。

岐阜和傘 ~桔梗・桜・家紋~

明智光秀の「水色桔梗」の形をモチーフにした「桔梗和傘」、映画「メリー・ポピンズ」の主演者へプレゼントするために制作された「桜和傘」、更に織田信長、斎藤道三、明智光秀の家紋を配した「家紋和傘」を展示。

和傘が彩る石階段

斬新なイルミネーション照明デザイナーによる演出で、30本程の和傘が石階段を彩る。

岐阜和傘 ~5つの工房~

岐阜和傘そのものの技と美しさを工房ごとに展示。

侍たちの休息

鎧兜を着た人物をモチーフに制作している美術家の作品を等身大に投影。

集まれ!手持ち提灯

手持ち提灯を借りて、灯りのオブジェを完成させよう!(先着250名)


挨拶

狂俳とは

組織

文芸活動

文化活動

機関誌・報道

その他

狂俳結社紹介 岐阜地区

西濃地区

東濃地区

中濃地区

郡上地区

飛騨地区